週末農園 鈴菜

栃木県矢板市木幡。週末農業や日々の出来事を徒然なるままに。うつ病や発達障害を抱えた僕が目指した半農半Xという生き方。

これからの生き方について

前向きに諦める「諦める力」

投稿日:2017年6月9日 更新日:

僕は今までの人生でたくさんのことを諦めてきました。

例えば、会社員。僕は組織人に徹することができませんでした。

僕は自由人気質でマイペースな人間です。基本的に群れることは苦手です。

群れることが苦手ですが、嫌いな訳ではありません。なので、僕なりに集団に馴染もうとしたり、周りと協調しようと一応努力はしました。

けど、持ってうまれたマイペースさがたたってみんなとずれたりします。

集団に馴染みきれない。周りと協調しきれない。いずれにせよ、集団で何かするのには向いていません。

そんな変わり者なので、普通に企業に勤めて会社員をやるには無理があったかもしれません。

部品で言えば、僕は規格外の特別仕様の部品。規格内の普通の部品を求める組織に僕の居場所はありませんでした。

会社員として、組織人としての自分の限界を感じました。なので、その道を諦めました。

特に後悔はありません。このまま会社員を続けていても何も良いことがない。直感的に「こりゃダメだな」と思いました。

会社員をやっていても僕の力を発揮できない。僕の力を発揮できる別の道を探した方が建設的だと思ったのです。

戦で言えば、会社員を続けることは負け戦を続けるようなもの。勝つ見込みがないのに戦を続けているような感じですね。

どうせ戦をするなら勝てる戦をするべき。

あきら‐める

  1. 1.
    【諦める】 《下一他》
    とても見込みがない、しかたがないと思い切る。断念する。
    「夢を―な」

「諦める」というと、仕方なく断念するといった否定的なイメージがありますよね。ネガティブで後ろ向き。

でも、本来は前向きに生きるための肯定的な言葉です。

僕の場合で言えば、会社員として組織人としてやっていける見込みがなく、その道を諦めました。

けど、そこに後ろ向きな気持ちはありません。

ある程度長い時間をかけて、自分と向き合い出した結論だったので特に後悔もありませんでした。

諦めるを別の言葉でいうと「諦観」という言葉があります。

ていかん

【諦観】
《名・ス他》
  1. 1.
    本質を明らかに見て取ること。
  2. 2.
    悟りの境地にあって物事をみること。

本来、諦めるとは「明らめる」と書きます。「物事の真理を明らかにする」という意味の言葉です。

つまり「明らかに見る」ということ。物事の本質を見定めること。自分にとって必要なものを見極めるということです。

悟りの境地というのは大袈裟ですが、会社員として組織人として向かないと判断した時は清々した気持ちでした。

僕の本質は、良い意味でも悪い意味でも自由であること。

もっと自分らしく自由に生きたい。上司や会社の都合で自分の人生が左右されるのは、もうごめんです。

なので、次の身の振り方として他の会社に転職する気もありませんでした。

それは会社というある意味守られ安定した環境を手放して自己責任で生きていかなければならないという事にもなります。

だけど、僕は自分らしく自由に生きる道を選びました。自由にマイペースで生きることが僕の目的なのです。

会社員であること、組織人であること、そして今取り組んでいる半農半Xは手段でしかありません。

目的さえ諦めなければ、手段は何だっていいと思います。

囚われず固執せず、自分が勝てると思えるフィールドを見つけ、そこで勝負していけば良いと思います。

-これからの生き方について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自由であること

2014年3月。僕は会社を辞めました。 会社を辞めたことで、僕は自由な時間を手にすることができました。何をするのも自由。 自由な時間を手にしたことで今までの生き方を見直し、これからどう生きるのか。自分 …

自分らしく生きるということ

「自分らしく生きる」ということはどういうことでしょう。 「自分らしく生きる」ということは、「自分」というものを知る必要があります。 皆さんはどれだけ自分で「自分」を知っていますか? どれだけ「自分は何 …

人生を減点方式よりも加点方式で考えてみる

完璧主義(かんぺきしゅぎ、英: Perfectionism)とは心理学においては、万全を期すために努力し、過度に高い目標基準を設定し、自分に厳しい自己評価を課し、他人からの評価を気にする性格を特徴とす …

人生の低迷期をどう乗り越えるか

人生には低迷期と成長期というものがあるようです。僕の人生が今、低迷期と成長期のどちらに位置しているかと言えば、低迷期にあります。 思い返せば、前職の会社に入社して以降から今現在に至るまで、ずっと低迷期 …

そのうち何とかなるだろうという気持ちは大事

2014年3月僕はうつ病が切欠で会社を辞めました。2014年4月以降から今に至るまでうつ病の療養期間に入っています。 うつ病が酷かったのは2014年の頃。その頃の僕は、過去の嫌だった出来事がフラッシュ …

プロフィール

鈴木光央(すずき・みつひさ・旧姓は佐藤・あだ名は「みっちゃん」)1977年2月2日生まれ。出身地:東京都青梅市。血液型:O型。星座:水瓶座。

30代半ばまで東京で過ごす。 その後神奈川県平塚市に3年半在住。現在は栃木県矢板市に在住。

セールスコピーライターを目指し只今修行中。趣味は家庭菜園。鬱病や発達障害ともゆるゆる格闘中。

詳しいプロフィールはこちら

Twitter でフォロー

アーカイブ